食べ順ダイエット

最近話題の食べ順ダイエットを知っていますか?食べ順ダイエットとは、普段の食事の食べる順番を変えるだけで痩せるというものです。このダイエット方法を誤解している人も多いようなので、当サイトでは正しいやり方などを紹介します。

「食べ順ダイエット」食事の正しい順番は?

食べ順ダイエットでは、食事の食べる順番を変えるダイエット方法です。即効性はありませんが、食事の順番を習慣付けることで、健康面にもメリットがあります。
食べ順ダイエットでは、まず、水分の多い味噌汁などの汁物から食べます。お腹にたまりやすいため、満腹感を得られやすくなります。汁物の次は、食物繊維を食べます。野菜や果物、サラダなどを食べます。食物繊維を始めに食べることで、血糖値の上昇を抑えることができ、脂肪の吸収も抑えることができます。野菜はビタミンなどの栄養が豊富なため、女性の美肌効果にもつながることから、食事の時には、必ず野菜類を食べるようにします。
次に、肉や魚などのタンパク質のメニューを食べ、一番最後にご飯や麺類などの炭水化物を食べます。炭水化物を空腹状態で食べると、血糖値が上昇するため脂肪がつきやすくなります。
外食の際でも、同じようにサラダなどの食物繊維から食べるようにします。定食であれば、味噌汁やサラダがついているため、比較的わかりやすいです。満腹になった時点で食事は終了するようにします。丼ものも場合も味噌汁やサラダがあれば、そちらから食べ始めます。丼ものは、具を半分ほど食べてから、最後に残りの具と御飯を食べるようにします。ファーストフードは、食べ順ダイエットが実践しづらく、全体的にカロリーも高いため、控えたほうが良いとされています。
また、食べる順番を守ることが大切ですが、食べる量も重要です。食べる量を今まで以上に増やしてしまってはダイエットにならないため、今までどおりの量、できれば、量を減らしていくことです。食物繊維も量を多く取りすぎたり、油の多いドレッシングの多用は控えるようにします。